banner

印鑑証明書について

一般社団法人の設立と印鑑証明書について

世の中には様々な活動を行っている団体が存在していますが、その中には株式会社を代表とする営利企業ではない団体も少なくありません。その様な団体は非営利活動を行う団体に分類されますが、非営利団体として法人化を目指す場合には複数の選択肢が存在しています。社会的な知名度が最も高く、社会的な信用が高いのはNPO法人と呼ばれる法人です。特定非営利活動促進法と呼ばれる法律によって規定されている法人格であり、設立の認可が下りるまでに非常に時間がかかる一方で、数々の恩恵を受けることが出来るのが特徴です。しかし非常に基準が厳しいということがあり、事業の目的を問わずに設立しやすい仕組みを持っている一般社団法人と呼ばれる新しい種類の法人に注目が集まるケースが増えて来ています。

そんな一般社団法人ですが、団体を設立することには様々なメリットがあります。非営利活動の団体とは言っても利益を生む活動を行わないわけではありません。そのためには社会的な信用が高くなくては出来ないことが少なくないのです。一般社団法人になることによって銀行に法人の口座を持つことが出来るようになりますし、設立登記を行うことで印鑑証明書を作ることもできるようになります。このことは様々な活動を行うに当たって重要な要素であると言えるのです。印鑑証明を提出しなければならない場面が発生した場合に法人化をしていない団体の場合には対応できないケースも少なくないのです。この様な観点からも印鑑証明書を作成することが出来るようになる一般社団法人になることには大きな意味があると言えるのです。

そんな一般社団法人の設立を行うためには、その地域を管轄している法務局に必要な届出を行うことが求められます。手続きには申請書に当たる書類の他に団体の概要をまとめた定款呼ばれる書類の作成が義務付けられています。定款に記載された内容が法人の活動内容となりますので非常に重要な書類であると言えるでしょう。そのためこの手続きは経験豊富な専門家に委託して行うことも推奨されています。司法書士などの専門家はこの定款の作成を含む法的な書類作成の専門家ですので、間違いの無い手続きを短期間にしっかりと行うことが出来るのです。一般社団法人の場合においても、慣れない法人設立の手続きを自ら行うことには殆どメリットがありませんので、上手に専門家の力を頼るのが望ましい選択肢であると言えるでしょう。

Copyright © 2018 印鑑の準備が必要・一般社団法人の設立の話 All rights Reserved.